コンサルティング業界を目指す学生のための、コンサルティング業界への就職活動情報ポータルサイト - Your bridge and milestone to Consultant -
 
本家コンサルタント転職
運営スタッフ紹介
サイトマップ
 
 
 
今年の4月に戦略コンサルファーに入社なさったASHさんと、ぢょびさんをお招きして、ざっくばらんに四方山話をお話いただきました。
 
 
movin':   本日はお忙しいところ、お集まりいただき有難うございます。早速ですが、どうですか?半年間のコンサルライフは?
     
ASH:   そうですね。何にも知らないままで入ったんで、これが普通に思っちゃうんですよね。帰宅時間とか。たまに大学の友達に電話すると「今飲んでるんだけど」「えっ」ってかんじですね。
     
ぢょび:   夜の7時とかには約束しにくいですよね。友達と飲みに行こうとしていても遅れたりとかいけなかったりとかしちゃいます。仕事自体はまだそんなにきつくないですけど。
     
movin':   コンサルタントの仕事の一番面白いところは?
     
ぢょび:   お客さんの笑顔(笑)
     
ASH:   いきなり模範解答は無いよな〜。僕はベタな回答しかないんですけど、とりあえず、分からなかったところを、多分来週には分かってるところ。「ある数値を求めて。」と頼まれて、はじめ全然分からなくて、「次の日できた?」って聞かれて、「すいません分からないです」って言ったら、「わかんなかったら、昨日聞けばいいじゃないか」って言われて。
     
ぢょび:   それって重要ですよね。わからないこととかできないことで手をあげるタイミングってすごく大切ですよね。それが出来ない人はこの仕事はむいていないのかもしれないなぁ。
     
ASH:   でもそうやって成長していくと次に同じ問題に直面したときは自分でできるようになっている。楽しいですね。
     
movin':   ぢょびさんは?
     
ぢょび:   やっぱりクライアントに尊敬された瞬間・感謝された瞬間は楽しいですね。最初のうちは「何だこの若造は?」ってみられることもありますけどね。少しずつでも結果をだしていくとそのうち認めらますね。
     
movin':   仕事でつらいことって無いですか?もう明日やめようとか?
     
ぢょび:   それはない。
     
ASH:   それがあったら、もう辞める。気が付いたら半年経っているので、つらくないんじゃないんですか?
     
ぢょび:   それはある。なんか毎日新しいことがあるから、「へーそうなんだ。へーそうなんだ。」と
言っているうちに半年経ってしまった気がする。
     
ASH:   僕一時期すごい怒られたんですよ。1週間くらい。それまでにやってきたことが、多分全部中途半端で。僕は出来たつもりでいたんですけどね。

「あれどうなったの?」って言われたときに持っていったら、「ここの数字ちゃんと直したの?」って聞かれて、「あー直してないです。」「これ僕が言わなかったら気づかないでしょ。そういうのちゃんと書いておきなよ。」っていうのから始まって。「君はどうして何にも聞かないの?分からなかったら、ちゃんと聞きなよ。」っていう話が延々3時間続いた。

「そういえばこのインタビューノートもひどい出来だよね。どうして、インタビューこうなっちゃったのかな?」って聞かれて、「あっ、質問項目が分からなかったから」って答えたら、「だったら、僕に先に質問すればいいじゃんって言われて。どうしてそんな抱え込んじゃうの?」って毎日のように怒られて。大分悔しい思いはした。でもそれがあったから、その後楽になったかも。
     
ぢょび:   向いている人って、人をうまく使える人。上をうまく使える人。上を捕まえて、これわかんないでーすって、がんがん捕まえられる図々しさと、謙虚さを持っている人。
     
ASH:   抱えちゃう人は向いてないですね。
     
ぢょび:   うん。自分でじっくり考えることはOKなんだけど、作業抱えるってのは、違う話だから。
     
ASH:   考えてばっかりいると、「聞け」って言われて、聞いてばっかりいると、「考えろ」って言われて。
     
movin':   それって、先天的なものですか?後天的なものですか?
     
ぢょび:   やっぱり性格ってあると思うよ。図々しい奴って、図々しいもん。
     
ASH:   慣れもある。後はチームメートとの縁だと思う。僕はたまたま言ってくれる人と会ったから、言ってもらえたけど、そうじゃなかったら、もしかしたら気づくのがもっと、遅くなったかもしれないし。
     
ぢょび:   うちは割と育てようという意識が強くて、言ってくれる人が多い。こんな会社だとは思わなかった。入るまではみんなわがままで、思ったことを勝手にやってるんだろうと思ってたけど、入ってみたら以外に上が下を引っ張る。オフィサーはケースリーダーを育てる。ケースリーダーはコンサルタントを引っ張ろうとするし。

それに逆の話もあって、下も上を引っ張る。「なんとかさん、それおかしいですよ。最近のケースのやり方は納得できません」って、俺も言ったし。なんかすごくみんな向上心強い。
     
movin':   ほかにコンサルタントに向いている人は?
     
ASH:   寝なくても大丈夫な人。
前一回徹夜したんですけど、びっくりしますよ。朝五時から来ているマネージャーいますからね。しかも次の日夜2時になってもその人に会ったし。
     
ぢょび:   鉄人だね。普段どれくらい寝てます?
     
ASH:   今週はそうですね、1時くらいに帰って、メールやって、ちょっと友達に電話してて、2時半くらいに寝ていますね。8時に起きてます。
     
movin':   週末は、土日のどちらかは会社行って?
     
ASH:   今日もこれから行かなきゃならないんですよ。
     
ぢょび:   すごい。俺こんな仕事しなくていいのかな。毎日24時前には帰ってますよ。それになんで土日まで仕事しなくちゃならないんですか?誰のせい?
     
ASH:   8割は僕のせいなんですよね。あと、一日睡眠時間5時間じゃないんですよね。僕お昼寝タイムが2時間あるから。自分の席がパーテーションに仕切られてるから。張り紙張っておいて。今休養中。本当に急用の方以外は4時半まで起こさないで下さいって。
     
ASH:   話は変わりますが、辞めていく人はやっぱり多い。昨日辞める人がいて、30人くらいで囲んでお疲れサマーといっていた。新卒で入ってきた人で辞める人は少ないけど。
     
movin':   ぢょびさんのところとは、違いますね。辞めさせられる人多いんですよね。
     
ぢょび:   いや、うちも辞めさせる風土はないよ。辞めたい人が辞める。クビになるケースはまずほとんど無いと思う。ただ、実際仕事が出来ない人だと仕事が回ってこないこともあるらしいけど。
     
movin':   そういう人はなにしてるんですか?
     
ASH:   ま-仕事くださいっていうんじゃない。それはやりよう。ただ僕もマネージャーから仕事が降りてこなくなった。8月中旬まで中間発表あったてこともあるんだけど、マネージャーと先輩から全く関係の無い仕事がクロスに落ちてきて、全く2つのシナジーが無いという感じで。
     
movin':   学生時代はどのように送ってたんですか?
     
ASH:   大学のときは普通のことしかやって無かったですね。アルバイトやってテニスサークルで、
外で遊んで合コンやって。
     
ぢょび:   すげ-普通。(笑)
     
movin':   コンサルを志望したわけは?
     
ASH:   それ一番聞かれたら嫌だなと思って電車の中で考えてたんですよね。えーと、「やってみたかったから」というのが一番ですかね。なんか興味持ったところ全部受けてみようかなと。どこ受けても受かる自信あったんで。
     
movin':   他にはどんなところを?
     
ASH:   やっぱり人関係ですね。俺志望動機で言ってたんですよ。業種なんでもいいって。やりたいからやらしてくれと。ごめんなさい。全然答えになってないですね。ずーット考えていたんですけど。多分聞かれるんだろうと思って。
     
movin':   実際のコンサルの方に聞くと、みんななんか適当(?)な答えが返ってくるんですよね。
     
ぢょび:   考えてない人が多いからなのか、嘘つきが多いからなのかどちらかじゃない。俺は他に行きたい会社が無かったから。まー要するに、職種で人を取らないところは嫌だった。入ってから配属が決まるようなところは、なにやらされるかわかんないから嫌だった。論外。

そうすると、決まってそうなのは、外資金融とか、超スペシャリティの情報系とか。情報系は大学院の延長だから、もういいと思った。外資金融は金儲けは別にしたくなかったから、これしかなかった。意外に仕事で取ってくれる会社って少ないですよね。
     
ASH:   未来永劫コンサルをやっていくつもりはあんまり無くて、多分面白そうだからかな。
     
ぢょび:   あんま深く考えてないよね。何が面白そう?って聞かれると困るんだけどさ。
     
ASH:   一つ魅力を感じていたのはプロジェクト制であること。どうしてかっていうと学生のときにやったイベントが3ヶ月間で濃密にやって、全く知らない奴らと組んで、目標に向かってGOとやっていて、それがすごい楽しくて、「みんなで一つにやってこんなに楽しいことがあるんだ!」って。

これが、僕の中の一番楽しい部類に入っている。そういうのが延々に続いていくのって楽しいんじゃないの?って感じかな。
     
ぢょび:   そうかもしんない。入るときには気にしなかったけど。飽きっぽいから3ヶ月くらいで一つの仕事が終わると嬉しいな、くらいの気持ちはあったけど。一般企業入って10年も20年も同じ仕事していくのはぞっとした。っていうのはある。
     
movin':   今後のキャリアパスとか普段から考えているのですか。
     
ASH:   いつ辞めようかなと思って。いやうそです。
     
ぢょび:   たまになんか具体的ではないけど、考えることはありますよね。
     
ASH:   根性ででも3年は辞めないって決めたんで。
     
ぢょび:   それって辞めることが前提に話が進んでますよね。
     
movin':   将来はどうされたいんですか?
     
ぢょび:   知らん。
     
ASH:   いい答えだ。(笑)
     
movin':   うわっ。ちゃんと答えてくださいよ。5年後は何してようと、お考えなのですか?
     
ぢょび:   5年後は辞めてるか残ってるかだな。
     
movin':   もう嫌だ。(笑)
     
ぢょび:   でも5年後って一番微妙ですよね。10年後だったら絶対辞めてるんだろうけど。5年後って残っていれば、ケースリーダーとかになって、一番面白い時期に入っている。MBAとかも行ってるかもしれないし。転職してそこそこって言うのもありうるし。なんか、どれ行ってもおいしそうなんだよね。
     
movin':   それってすごく面白くない答えですよ
     
ぢょび:   イヤー基本的に何にも考えてないですよ。言えって言われてるから言ってるだけで。コンサルの典型的パターンを。
     
movin':   起業意識ってあります?
     
ASH:   起業よりもパブリックの方向に行きたい。
     
movin':   政治家とか?
     
ASH:   それも面白いし。将来的にNPOとか。周囲に還元していきたいなというコンセプトがあるくらい。
     
ぢょび:   要するに、自分が成長するためにコンサル会社っていいよねって思ったくち?
     
ASH:   それもなんか違う。うん成長するのは楽しいんだけど、それは自己満足の世界だから、なんか陳腐の話だけど、人の役に立ちたいなと思うタイプ。金は別に要らない。友達に何年後か政治家になる奴がいて、そいつにくれてやろうと思ってる。
     
ぢょび:   こいつに言ってやってくれ。こいつは金持ちになりたいからコンサルになりたいとか言ってるばか者。コンサルじゃ金儲けできないって。
     
ASH:   金は儲かるかもしれないけど、使う時間が無い。(笑)
     
movin':   MBAって行こうと考えてますか?
     
ぢょび:   俺英語出来ないんだよな。
     
ASH:   MBAなー、かねかかるんだよね。別にそれが嫌じゃないんだけど、使い道ねぇー。
     
ぢょび:   1千万くらい?
     
ASH:   2千万くらいかかるって話。
     
movin':   会社から出るんですか?
     
ASH:   プログラムはあるけど、よっぽど優秀じゃなきゃ無理。
     
ぢょび:   うちはないんじゃないかな、よく知らないけど。だってさー、うちの会社からすると、MBAに行って貰う必要が無い。コンサル会社で3年とかやった人が、いまさらMBA言って何勉強するの?っていうと英語ですくらいしかいえなくて、英語だけなら、MBA以外にもあるでしょ。っていわれると、おっしゃる通り。会社として、MBAを支援する必要は全く無い。金の無駄。だったら、MBAホルダーを雇ったほうがいい。
     
ASH:   まー持ってれば便利かな。って言う程度。
     
ぢょび:   アメリカに2年間住んでみたいけど。後友達できそうじゃん。その理由で実際言っている人もいる。
     
ASH:   もう一個あった。向こうに行っている期間が最も遊べる。(笑)
     
ぢょび:   積極的に行こうとは思わないな。生活とかは興味あるけど。
     
movin':   では、最後にコンサルタントを目指す学生に向けて一言お願いします。
     
ぢょび:   奇麗事でまとめましょう。コンサルタントは毎日がハッピーで、是非皆さんも僕達と一緒に働きましょうくらい奇麗事で。(笑)
     
ASH:   新卒の人にとっては、日本企業だろうと外資系だろうと、コンサルだろうとあんまり変わらないんじゃないでしょうか?まずは社会勉強で。とりあえず、コンサルタントだからって言う枕詞はあんまり関係ない気がする。なんだろうな。好きなことやってください。

とりあえず、今自分が信じた道を進めばいいんじゃないですかね。3天秤だか、両天秤だか良く知らないけど、その時に選べるものはそう多くは無いし、いろいろ考えて、いいと思うものを責任もってやっていけばいいんじゃないかな。
     
ぢょび:   たぶんこの仕事って向き不向きが激しいと思います。自分自身、ちゃんとわかっているわけではないのですが、頭を使うのが好きな人、仕事においては協調性のある人、客のために働ける人、こういった条件は必須だと思います。あと学習意欲が高いことと、プレッシャーに強いことも必要だと思います。

そういう環境で仕事をしてみたいと思う人にはぜひ来て欲しいですね。がんばってください。
     
movin':   それでは、ASHさん、ぢょびさん長い時間本当に有難うございました。
     
     
     
     
 
 
 
 
当サイトは、国内唯一のコンサルティング業界専門リサーチ・人材紹介会社である株式会社ムービンの全面的なサポートによって運営されています
All Rights Reserved, Copyright (c) movin' Inc and コンサルタント就職運営委員会